親ばかビデオクラブ

ホームビデオ編集・おすすめソフト・ストリーミング・DVD・ノンリニア編集の話題満載の親ばかビデオクラブです

思い出ビデオ制作

ウエディングビデオ

 セミナーDVD作成 

ストリーミング

ホームページ制作代行

結婚報告.tv

親ばかビデオクラブ

TKデザインについて

メルマガ

お問い合わせ

リンク

 商取引表示 

親ばかイベントカレンダー

無料メールマガジン

超簡単!お父さんのための親ばかビデオ講座

ビデオ撮影・編集の話題を楽しい動画付でお届けします。

メールアドレス:

メールアドレス:

まぐまぐ
メルマガバックナンバー閲覧申し込み(無料)
■お名前 :
■E-Mail :

  

【お七夜】
赤ちゃんが生まれてから、7日目がお七夜といい、この日に赤ちゃんに名前をつけて、お祝いします。


昔は、新生児が死亡することが多かったため、このお七夜のほかにも、三夜・五夜・九夜の儀式があり、新生児の成長をお祝いしたものでした。


また、お七夜は別名「名づけ祝い」といい、赤ちゃんの名前を決め、命名披露の祝宴を開きます。
お七夜は、ちょうどお母さんと赤ちゃんが退院するころで、お母さんの体はまだ十分ではありません。そのために、命名書を書くだけで、特にお祝いの席を設けないことが多いようですが、名付け親がいるなら、その人を招待してささやかでもお祝いしてください。


赤ちゃんの名前が決まったら、命名書 iconを書きます。正式には奉書紙を半分に折り、折り目を下にしてさらに左右を三つ折りにします。まん中の紙面に赤ちゃんの名前、その右側に父親の姓名と続柄を、左下に赤ちゃんの生年月日を書き、左側の紙面を右肩に命名の年月日、中央に両親の名前を書きます。

これを左、右の順に折りたたみ、表に「命名」と書きます。これを三方にのせ、神棚や床の間に供えます。


略式の場合には、半紙などの中央に赤ちゃんの名前を書き、神棚の下や床の間の鴨居、柱にはります。赤ちゃんの枕元の壁にはってもいいです。


我が家の場合は帝王切開でしたので、お七夜はまだ病院でした。紙に名前を書いて、病院の部屋の壁に貼って、ビデオを撮りました。特にお祝いは何もしませんでした。
←戻る 次へ→

このサイトはIE4.0以上でご覧ください
CopyRight (C) 2005 by TKdesign All Right Reserved
TKデザイン E-mail : contact@tkdesign.jp