親ばかビデオクラブ

ホームビデオ編集・おすすめソフト・ストリーミング・DVD・ノンリニア編集の話題満載の親ばかビデオクラブです

思い出ビデオ制作

ウエディングビデオ

 セミナーDVD作成 

ストリーミング

ホームページ制作代行

結婚報告.tv

親ばかビデオクラブ

TKデザインについて

メルマガ

お問い合わせ

リンク

 商取引表示 

無料メールマガジン

超簡単!お父さんのための親ばかビデオ講座

ビデオ撮影・編集の話題を楽しい動画付でお届けします。

メールアドレス:

メールアドレス:

まぐまぐ

今年こそ失敗しない!運動会ビデオその4

 ▼ 競技の種類別撮影ポイント
  
ここでは、競技の種類別に撮影のポイントを簡単にご紹介します。
  
  
 運動会の競技は、
  
 1.徒競走や、リレー、騎馬戦(最近は、あまりやらないか・・・・。)
 などのように、動きが激しいもの。
 
 2.ダンスや玉入れ、綱引きなどの少し動きがあるもの。
 
 3.組み体操や開・閉会式、体操などの動きがほとんどないもの。
 
 の3種類に分けられます。(分けるとします)
 
 
 このうち撮影が難しいのは、やはり、1の動きが激しいものでしょうか。
 
 
 
 私が思うに、動きが激しいと難しいですね。でも、1番難しいのは、
 
 「短い競技」デス。
 
 
 「あっ!」という間に終わってしまう競技です。


 かけっこなんかは、わずか数秒の勝負ですね。
 
 しかも狙い方によっては、動きが激しい。
 
 
 狙い方というのは、どのポジションから撮るか、ということです。
 
 
 かけっこの場合は、横向きで追いかけるように撮ると、バックが流れて、
 速く見えます。
 
 でも、横からでは、追いかけるのが結構大変です。キチンとファインダー
 の中心に捕らえて撮影するのは至難の業です。
 
 これを上手に捕らえるには、数稽古しかありません。
 練習です。特訓です。(笑)
 
 道路を走る車を追いかけ、空を飛んでいる飛行機を追いかけ・・・。
 
 私は、近所に大きな河川敷があるので、そこから橋を渡る車を追いかけ
 練習しました。
 他人からみたら、何やってるのか?と思われますが。
 
 趣味の世界でのこのような練習って、なかなか他人に見せられるもの
 でもありません。(笑)
 
 以前、釣りが趣味の人で、広場で、熱心にルアーを投げる練習をしている
 人を見かけたことがありますが、他人からみたら、海でも川でもないのに
 こんなところで、何で釣竿振り回してるんだァ〜?って感じですよね。
 
 でも、本人は一生懸命なんです。(つりファンの方、失礼!)
 
 
 カメラの練習する人もいないと思いますが、時には必要です!(キッパリ)
 
 話がそれました。(^^;
 
 
 かけっこは正面から狙うと、動きが前後方向になるので、どちらかという
 と、撮影は簡単になります。
 
 
 後は、ズームで追っていくだけになりますからね。それに、1位でテープを
 切ってゴールした日にゃァ、それは、絵になりますよ。
 
 
 ▼ ゆっくりした競技の場合
 
 2.の少し動きのあるものはどうでしょう。
 
 これは、一番簡単だと思います。
 

 それなりに追いかけて、撮ればOKです。例えば、玉入れなら、
 あなたのお子さんのアップを狙い、時には競技全体の雰囲気を狙い、
 競技時間の中で、アップ、ミドル、ロングと3種類は抑えられます。
 (アップ、ミドル、ロングの意味がわからない方は↓こちらを参考に)
    【親ばかビデオ講座 -画面サイズ-】 
 
 ▼ ほとんど動かない競技
 
 3.の動きがほとんどない競技は、どうでしょう。
 
 撮影も簡単でしょうか。
 
 
 実は、意外と難しいのです。
 
 
 それは、なぜか。
 
 
 
 
 動かないからです。(笑)
 
 こんな回答では、殴られそうですね。(笑)
 
 
 動きがないと、どうしますか?逆に、カメラを動かしたくなりません?
 
 もちろんカメラを動かしてもいいんですが、絶対見づらくなります。
 (見づらくなる確率が高くなります)
 
 とっても上手にパンやチルトが出来る方はいいのですが、もし、三脚も
 なしに、しかもズームアップした状態なら、プロでも絶対に無理です!
 
 
 それに、動きがほとんどないと、簡単に撮影できるので、ついつい
 たくさん撮ってしまいます。
 
 撮りすぎると、午後からの競技で、テープがなくなってしまったり、
 最悪、バッテリー切れで、あとの競技は全部撮影できなくなったり
 しがちです。
 (ちなみに、過去にバッテリー切れで、くやしい思いをしたことが
 あります。)
 
 
 だから、動きがほとんどなく、簡単そうに見えても、落とし穴が
 ありますので、ご注意くださいね!!
←戻る 次へ→

このサイトはIE4.0以上でご覧ください
CopyRight (C) 2005 by TKdesign All Right Reserved
TKデザイン E-mail : contact@tkdesign.jp