親ばかビデオクラブ

ホームビデオ編集・おすすめソフト・ストリーミング・DVD・ノンリニア編集の話題満載の親ばかビデオクラブです

思い出ビデオ制作

ウエディングビデオ

 セミナーDVD作成 

ストリーミング

ホームページ制作代行

結婚報告.tv

親ばかビデオクラブ

TKデザインについて

メルマガ

お問い合わせ

リンク

 商取引表示 

【カメラは動かさない】

最近のビデオカメラは非常に小型でコンパクトになってきています。また、ピントや露出もフルオートで誰でも簡単に撮影できてしまいます。逆に言うと誰でも簡単に取れる反面、誰もがきれいで見やすい映像を撮ることが難しいのです。ではきれいで見やすい映像を撮るにはどうしたらよいのでしょうか。

基本は『カメラを絶対動かさないこと』です。

私の経験から言うと、ビデオカメラを初めて手にした人の80%くらいの人はカメラを振り回してしまいます。振り回すとは、あれも撮ろう、これも撮ろうと思って右に左に、上に下にカメラを動かして撮影してしまうのです。

そして90%以上の人がズームイン・アウトを無意味に繰り返します。

また、初心者とベテランの違いは、ベテランは三脚などを使って画面を安定させるのが上手です。初心者ほど片手でカメラを持ったりして、画面がグラグラしてしまいます。グラグラして安定しない画面ほど見にくいものはありません。さらに無意味なズームが加われば、もう目が回って気持ち悪くなってきます。

撮影の究極のテクニック、それはカメラを固定して絶対に動かさずに撮影することです。

▼ カメラを固定するテクニック

カメラを固定するにはどうすればいいでしょうか?

一番確実なのはしっかりした三脚にしっかり固定することです。『撮影は基本的に三脚を使い、三脚を使用できない場合のみ手持ちで撮影する。』ぐらいの気持ちでいてください。

しかし、旅行で荷物をあまり持っていけない場合や、ホールなどで三脚禁止。というときはどうしたらよいでしょう。三脚がだめなら一脚を用意するのも手です。一脚は文字通り、一本足でカメラを固定する物で三脚よりコンパクトで軽量なので携帯に便利だし、邪魔になりません。三脚より安定性にかけますが、何も無いよりずっと楽です。

また一脚も無くても日用品で代用できる物もあります。それはロープ(紐)です。ロープをカメラの底の部分(三脚に取り付けるとことのあたり)にロープを結び、カメラを構えます。ロープを地面にたらし、そのロープを足で踏みつけながら撮影します。コツはカメラを少し上に引っ張る感じでロープをぴんと張って安定させます。足で踏みつける方のロープの端に輪を作ってやると足で踏みつけやすいかもしれません。

▼ リモコンを活用する

旅行先などで記念写真を撮るとき、三脚も無くシャッターを押してくれる人もいないとき、カメラを何かベンチや台の上に置いて写真を撮ったことはありませんか?ビデオカメラも同じでいいんです。ベンチなんか無くても地面の上に置いても結構いいアングルかもしれません。そんな時に役に立つのがリモコンです。カメラには大体リモコンがついてきますが、地面の上などにカメラを置く場合、たいていちょっと触るとカメラが動いてしまいます。後で編集してカットできるなら良いのですが、そうでない場合リモコンで録画ボタンを押してスタートさせれば、画面が動かなくて済みます。また、このテクニック?は三脚を使用するときにも使えます。ビデオカメラのリモコンなんてほとんど使わない人が多いんじゃないかな?

無料メールマガジン

超簡単!お父さんのための親ばかビデオ講座

ビデオ撮影・編集の話題を楽しい動画付でお届けします。

メールアドレス:

メールアドレス:

まぐまぐ
メルマガバックナンバー閲覧申し込み(無料)
■お名前 :
■E-Mail :

  

←戻る 次へ→

このサイトはIE4.0以上でご覧ください
CopyRight (C) 2005 by TKdesign All Right Reserved
TKデザイン E-mail : contact@tkdesign.jp