親ばかビデオクラブ

ホームビデオ編集・おすすめソフト・ストリーミング・DVD・ノンリニア編集の話題満載の親ばかビデオクラブです

思い出ビデオ制作

ウエディングビデオ

 セミナーDVD作成 

ストリーミング

ホームページ制作代行

結婚報告.tv

親ばかビデオクラブ

TKデザインについて

メルマガ

お問い合わせ

リンク

 商取引表示 

光を見方にしよう

無料メールマガジン

超簡単!お父さんのための親ばかビデオ講座

ビデオ撮影・編集の話題を楽しい動画付でお届けします。

メールアドレス:

メールアドレス:

まぐまぐ
メルマガバックナンバー閲覧申し込み(無料)
■お名前 :
■E-Mail :

  

▼ 失敗をなくす撮影の方法

良い映像というのは何が写っているのか、見せたい物はなにかがわかりやすいのが基本ですが、

それと同時に美しい映像であることが大切です。美しい映像とは、ピントと露出が正確であるということです。

ピントはホームビデオの場合、ほとんどの人がオートフォーカスで撮影していると思います。
オートフォーカスでカメラ任せでも大体きれいにピントあわせが可能です。

露出の場合どうでしょうか。部屋の中から窓際に立つ人物を撮影して、人物が真っ黒に
写っていたという経験はありませんか?

暗くて見にくい映像と明るくて見やすい映像ではビデオを見ている人が受ける印象はかなり違います。

では明るく撮るにはどうしたら良いのでしょうか。

被写体に光が沢山当たっていないと明るい映像は撮れません。光が沢山当たるには、
光(屋外ならば太陽、屋内ならば照明)に対して被写体が向かい合うように位置する状態、
すなわち順光で撮ることです。

逆光や斜光(光が斜めに当たる)の方がきれいに撮れる場合もありますが順光で撮る方
がほとんどの場合、失敗無くきれいに撮れます。

ビデオカメラは一度に明るい物と暗い物を撮ることはできません。
よって前述のような窓際の人物のような場合では窓の外の明るい風景に露出が合ってしまい、
人物は暗くなってしまいます。

順光で撮れば人物も背景も同じくらいの明るさになり失敗せずにきれいに写せます。

しかし、場合によっては順光にできないときもあります。

山や海などの景色は動かすわけにはいかないので、どうしても逆光になってしまうことがあります。

そんな時はどうしたら良いでしょう。

そんなときでもあきらめてはいけません。たとえ逆光になっても逆光にならない工夫をしましょう。

画面の中で明るすぎる部分をなるべく減らしましょう。

ギラギラ輝く逆光の海をバックに人物を撮るときも、海の割合をなるべく減らして砂浜を
入れるとか、逆光で山を撮るにも明るい空の部分の割合を少なくして撮ってみましょう。

▼ 逆光、斜光で雰囲気を演出する

順光の場合、明るいので色はきれいに出て失敗はまず無いのですが、平べったい感じになってしまい
立体感が表現できないのが難点です。

そこで斜めから光が当たっている状態、「斜光」で撮影すると、被写体に陰影がつき、立体的な
良いカットになります。

特に美しい風景などは昼間の順光よりも朝夕の太陽が高く上がらず、斜めから日が射しているときより
一層美しい表情をしてくれます。

←戻る 次へ→

このサイトはIE4.0以上でご覧ください
CopyRight (C) 2005 by TKdesign All Right Reserved
TKデザイン E-mail : contact@tkdesign.jp