ストリーミング・動画配信・メタファイルを使って、WMV埋め込みページを作ろう

思い出製作所TKデザイン

思い出ビデオ制作

ウエディングビデオ

 セミナーDVD作成 

ストリーミング

ホームページ制作代行

結婚報告.tv

親ばかビデオクラブ

TKデザインについて

メルマガ

お問い合わせ

リンク

 商取引表示 

ストリーミング動画配信

MENU

思い出ビデオ制作

ウエディングビデオ

セミナーDVD作成

ストリーミング

ホームページ制作代行

親ばかビデオクラブ

TKデザインについて

メルマガ

お問い合わせ

リンク集

商取引表示

サイトマップ

TKデザイントップ

Get Windows Media Player
Get macromedia Flash Player

メタファイル

ストリーム配信にはメタファイルが必要です!!

Windows Media形式のファイルをサーバからストリーミング再生させるためには、ホームページからASX形式などのメタファイルにリンクを張り、メタファイルからWindows Media形式のファイルを呼び出します。

ここがポイント!

メタファイルとは? 直接、映像ファイルにリンクしないの?

ASXファイルについて説明します。

<ASX VERSION="3.0">

<ENTRY>

<REF HREF="映像ファイルのIPアドレス/フォルダ名/ファイル名.wmv" / >

</ENTRY>

</ASX>

もっともシンプルなASXファイルの例です。

まず、上記をメモ帳などのテキストに記述し、このテキストファイルを拡張子.asxとして保存しますと、テキストファイルでありながらASFファイル(映像・音楽)ととてもよく似たアイコンで表示されるようになります。

そして、このファイルをダブルクリックして実行すると Windows Media Playerが自動的に起動し、『ファイル名.wmv』を再生します。

このように直接映像データにリンクをせず、間接的に再生を実行させるファイルをメタ(ASX)ファイルと呼びます。

メタ(ASX)ファイルを使用しますと、再生方法を指定したテキストファイル経由で、データを再生することができます。

またメタ(ASX)ファイルには、再生以外にも著作権・タイトル・リンク先など容易に記述する事が出来ますので、メタ(ASX)ファイルに書き込むだけでWindows Media Player上にこれらの情報が表示されます。

動画配信の手順

1.素材をパソコンに取り込み、必要なら編集などして編集ソフトでaviなどのファイルを書き出します。

2.書き出したファイルをエンコーダーと呼ばれるソフトでwmvファイルに変換します。

3.エンコードしたファイルをアップするアドレスにリンクするメタファイルを上記のように制作します。

4.ホームページに「動画を再生」などと記述し、そこにメタファイルをリンクします。

5.wmvファイルはストリーミングサーバにアップし、メタファイルとhtmlファイルはWebサーバにアップします。

6.htmlファイルからリンクをクリックしてストリーミングを開始します。

※4ではテキストにリンクを設定しましたが、こうするとMediaPlayerがブラウザとは別に立ち上がるか、ブラウザの左端にPlayerが立ち上がり再生します。MediaPlayerを埋め込んだページを作成すると専用のページが立ち上がり見た目もスマートです。

お問い合わせ

このサイトはIE4.0以上でご覧ください
CopyRight (C) 2005 by TKdesign All Right Reserved
TKデザイン E-mail : contact@tkdesign.jp
PR:ビデオ撮影